ホームページでのキャッチコピー作成7つのテクニック!これだけでHPがみるみる魅力的に生まれ変わる!



「コピーライターじゃないのに企業のキャッチコピー作成を頼まれてしまった!」 「いざキャッチコピーを考え始めたら、詰まって何がいいのかわからない…」


こういう方って、案外多いのではないでしょうか。 キャッチコピーを考え始めると、短い言葉で、効果もあって、注目させて…など、いくらでも考えられる分なかなかこれだ!と思える言葉が出てこない。

そういったご経験はありませんか?


しかしキャッチコピーにはある程度コツがあるんです。今回ご紹介するテクニックに沿って考えていけば、誰でも簡単に読み手に刺さるキャッチコピーを作ることができます。


この記事では今すぐ使えるキャッチコピー作成のテクニックを7つご紹介します。 テクニックを使った場合と使っていない場合での例も挙げているので、ぜひキャッチコピーを考える際に参考にしてみてください。



テクニック1.ターゲットは明確にしよう



1つ目に紹介するテクニックは「ターゲットは明確に」です。 まずはその文章を読んでほしい人が誰なのかをハッキリさせ、その人に刺さる言葉がなにかを考えることが重要です。


不特定多数の「みんな」に届けようとするのではなく、「1人」のターゲットとなる人物に向けて書くことで、かなり訴求力が増します。



テクニック2.数字が持つ具体性を活用しよう



抽象的な言葉ではなく、数字を使うことでより具体的でわかりやすいコピーにすることが可能です。



テクニック3.メリットではなくベネフィット(利益)



商品を紹介するキャッチコピーはついつい機能面のアピールなどメリットを紹介してしまいがちですよね。

しかしユーザーにとっては、得かな?損かな?といったことが分かるとより親切です。

そのためベネフィット(利益)を提示するキャッチコピーがより効果が期待できます。



テクニック4.恐怖や不安を煽ろう



テクニックの1つとして、読み手の恐怖や不安を煽る手法もあります。

ただしあまりにも多様しすぎると信用に関わってくるため、適度に利用することをおすすめします。



テクニック5.簡易性を伝えよう



人間できることなら楽をしたいもの。

「〜〜するだけで」といった簡易性を伝えることは、エンドユーザーの興味を引くとても効果のあるテクニックです。



テクニック6.好奇心をくすぐろう



人の「気になる」「知りたい」という知的好奇心など、好奇心を誘う表現も利用できるとさらに効果的ですね。



テクニック7.ノウハウを伝えよう



ユーザーの悩み事に対して解決方法が書いてありそうだと判断すると、ついつい確認したくなるものです。ターゲットユーザーの悩みを考えて、解決方法を交えたコピーを考えることも有効です。



キャッチコピー作成には7つのテクニックを活用しよう


今回紹介した7つのテクニック、全てを一度に使う必要はありません。 まずは1つだけ使ってみたり、慣れてきたら2つか3つを組み合わせて使ってみたりすることで、徐々に効果的なキャッチコピーのコツが掴めてくると思います。


キャッチコピー作成がうまくいかないなと思った時は、ぜひこの記事で紹介した7つのテクニックを思い出してみながら作ってみてくださいね。


もしキャッチコピーなど、ホームページに掲載するテキスト等を考えることが難しいなと感じたら、ぜひグラプラにご相談ください!


【芦屋で全てが揃った安くておしゃれなホームページ制作なら株式会社GRAND PLANNING(グラプラ)へ。大阪・神戸・京都・芦屋・西宮・宝塚・尼崎・伊丹などでホームページ制作をお考えの方に圧倒的なコストパフォーマンスでおしゃれなHPを実現】

CONTACT

© 2020 株式会社GRAND PLANNING ALL RIGHTS RESERVED.

EMAIL:grapla2020@gmail.com

​兵庫県・芦屋市・日本

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Instagram Icon